リンク集

タクシー運転手でも借りられる街金

タクシー運転手Oさん 45歳の場合
一時期スゴイ借金で苦しんだことがあります。
正直あのころのことは思い出したくないと今でも悪夢に見ます。

 

そもそも今の職であるタクシーの運転手を始めた理由は、前勤めていた工場が閉鎖してしまい失職していまったからです。
当時は妻と2人の子どもを持つ身で、工場閉鎖を聞いたときは目の前が真っ暗になってしまいました。
そんな絶望の中、数少ない趣味のドライブを生かせる高収入の仕事だと感じ、この職を選んだのです。

 

しかし現実は甘くありません。
タクシーの運転手というのは完全歩合制なので、とても不安定な職業です。
たくさん稼げるときと稼げないときの差が大きく、とても安定した収入が入りません。
妻も働き始めてそれなりに経済状態を持たせた時期もあったのですが、ある日とんでもないことが起きてしまいました。

 

妻が大けがをしてしまい、仕事を続けることができなくなったのです。
しかもこの月の収入は少なく、家計が赤字になるのは間違いありません。
妻の入院費もかさみますし、下手をすると子どもの養育にも支障がでるかもしれません。
私は金策のためいろんなところへ頭を下げ、お金を一時的に借りることにしました。

 

私がびっくりしたのは、タクシー運転手というのは予想以上に信頼されていないこと。
いくつかの大手の消費者金融に融資をお願いしたのですが、意外なことに審査は落ちました。
当てになる先もなく、路頭に迷っていた私に社長が言ってくれました。

 

「そんなに審査が難しいんなら、わしの知ってる街金があるから、そっちを頼ってみたらどうか?」

 

そのとき私は街金の存在を初めて知ったのです。

 

社長が言うには、
「街金のなかには悪徳なヤミ金が居るところもあって、酷いところになると借金の取り立てや妨害が酷いから、信頼のあるところを選べ。今回はわしが紹介してあるから」
とのこと。
社長の助言がなければ、街金ではなくヤミ金を選んで最悪の結果をもたらしたかもしれません。

 

そして社長の助言を元に、私は信頼の置ける街金からお金を借りることにしました。
審査も早くて、その場でお金を貸してくれて、融資先の方も普通そうな方でした。

 

そしてあれから半年、妻も退院しまた前の職場へ復帰し、子どもも元気で学校に通っています。
この姿を見ていると、ああ、あのときの俺の決断は間違ってなかったのだなあと、思いますね。

 

携帯電話とアンドロイドスマホのみ対応↓
タクシー運転手でも借りられる街金→ご相談

リンク集